多度津小学校6年生Mちゃん 英検4級合格ストーリー

 

当塾は英検準会場の指定を受け、年2回実施しています。H30121日の英検に、小学6年生のMちゃんが,『4級に挑戦したい』と申し出があったのは昨年末押し迫ったときでした。幼稚園児の頃から当塾に来てくれておりましたし,Gaga’s Kids’ Englishに参加してくれて,ネイティヴの先生と話したり聞いたりすることには慣れていました。しかし,英検4級は,公立中学の2年生レベルの内容が出題されます。筆記の問題の理解度を知るため,過去問題を解いてもらいました。筆記は38%の正解率。これではとても間に合いません。

 

英検頑張ります』と,丁寧に決意表明ととれる年賀状を頂きました。

 

新学期が始まりました。学校が終わるとすぐ塾に来てもらい,途中夕食の休憩を入れて22時まで5時間,それを2回,計10時間の特訓授業を設定しました。更に,日曜日にリスニングの指導を1時間半。本人も,相当覚悟をきめて取り組んでくれました。2週間で一気に仕上げるための教材を準備し,それだけを仕上げる約束をしました。指導は2回のみ。日々の訓練が大事です。やるべき学習内容に日付を記入し,毎日やるよう指示し、毎日キチンとやってくれました。

 

語彙に関しては、中学生と比べて明らかに不足しているので、次のようにしました。

①問題を解いていく中で,未知語をノートに転写させる。

②発音と意味を口頭により本人に書き写させる。

※本来は紙の辞書で調べてもらうべきですが,たくさん語彙を吸収することを優先しました。自宅では,保護者の方に電子辞書やWebの辞書を駆使して頂き,発音と意味を確認後,②の転写へ。

③家で,必ず繰り返し覚える訓練をするよう、保護者にも協力していただきました。

以上の方法で,筆記の正答率70.6%,リスニング59.4%、合わせて65%で見事合格! 特に、筆記は検定前の38% から 70.6%に大幅アップです! 

毎日,集中的に取り組んだことで,自信のあったリスニングより,筆記問題の正解率が高くなるという結果になりました。

怖気づかず,目標を決めて,突っ走ったことが合格の決め手だと思います。

一心不乱に頑張る子どもからとても大事なことを教えてもらいました。