大学受験生の慢性的な減少傾向が続き、私立大学の半数近くが定員割れを起こしている。
一方で、看護系大学(学部)は毎年のように新設されている。将来の医療・福祉の人材不足を顕著に表したものといえる。

特に、地方の私立大学の中には、この存亡の危機を脱する最後の手段として「公立化」を図ろうとする動きが急になっている。

2009年の高知工科大学の公立化は大きな話題を呼んだ。
公立化を発表すると志願者は急増し、入試偏差値も跳ね上がり、それまでの志願者集めの苦労は解消したと言われている。

この例にならおうと、以後下の表のように公立化する大学が続いている。

 

※「私立」から「公立」へ移行した大学

大学名 所在地 設置学部 設置年 偏差値
高知工科大学 高知県 システム工学、環境理工、情報、経済マネジ 2009
静岡文化芸術大学 静岡県 文化政策、デザイン 2010
名桜大学 沖縄県 国際、人間健康 2010
鳥取環境大学 鳥取県 環境、経営 2012
長岡造形大学 新潟県 プロダクトデザイン 2014
福知山公立大学 京都府 地域経営 2016 私立京都短期大学→京都創成大学→成美大学

→福知山市が設置する公立大学に移行

山口東京理科大学 山口健 工学 2016 私立大学から山陽小野田市立大学として公立化
長野大学 長野県 社会福祉、環境ツーリズム、企業情報 2017 45.0 私立本州大学→長野大学→上田市が設置する公立大学に移行
公立小松大学 石川県 生産システム科学、保健医療、国際文化交流 2018予 私立小松短期大学と私立こまつ看護学校を統合し、公立4年制大学へ
諏訪東京理科大学 長野県 工学、経営情報 2018予 42.5~37.5 2016年競争率1.0~1.4倍、2015年1.0~2.0倍
新潟産業大学 新潟 経済 要望中 BF
千歳科学技術大学 北海道 理工学 検討中 37.5
旭川大学 北海道 経済、保健福祉 検討中 40.0~BF